猫のシャンプーの慣らし方

アーカイブ

近年、ペットの癒し動画などをみていると、お風呂でくつろぐ猫ちゃんたちの動画をみかけます。

とても気持ち良さそうにウトウトしている姿は見ているだけで癒されますよね。

今回、猫ちゃんのシャンプーの必要性お風呂を好きにさせる方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

猫にシャンプーは必要なのか?

お家にいる猫ちゃんをお風呂にいれてみると、大暴れで浴室は散らかり、飼い主さんはびしょ濡れに…なんて経験はありませんか?

基本、猫は自分でグルーミングを行い、常に体を清潔に保っているので、シャンプーをしてあげる必要はありません

ですが、外から真っ黒に汚れて帰ってきたり、グルーミングが行き届かなくて体臭がしたり。

人と猫一緒に暮らす上で、最低限清潔にしていてもらわないと、飼い主さんも困りますよね。

ですので、猫のシャンプーの必要性は主に人の為と言う事になります。

猫は水が嫌い

一般的に、猫は大の水嫌いと言うのは有名な話ですよね。

では、なぜ猫は水が嫌いなのでしょうか?

そのルーツは猫の祖先「リビアヤマネコ」にあります。

リビアヤマネコは寒暖差の激しい砂漠で生活をしていた為、昼間にずぶ濡れになってしまい、そのまま夜を迎える事で、気化熱によって体温がどんどん奪われ、最悪命を落とす可能性もあります。

その為、猫の祖先であるリビアヤマネコは、体が水に濡れる事を極度に嫌うようになったと言われていて、そのDNAが残る猫は同じように水が嫌いになったと言われています。

シャンプーに慣らすには?

  • 一番いいのは、子猫の時から少しずつ慣らしていく方法です。

小さい頃から慣らしていって、お風呂は怖くない、気持ちのいいものだと覚えさせる事によってお風呂好きの猫ちゃんに育てる事が出来ます。

  • 最初が肝心!怖い思いをさせないように。

子猫の場合も同じですが、初めて成猫をお風呂に入れる際は怖い思いをさせない事が大切です。

お風呂に入った時に怖い思いをさせてしまうと「お風呂」=「怖い」というイメージがついてしまい、その後のお風呂がとても大変なものになってしまいます。

まず、猫が怖がる要因の一つとして、があります。

猫は大きな音突発的な音にとても驚きます。

特にお風呂場は音も響き大きく聞こえる為、シャワーなどの些細な物音でも猫にとっては恐怖の元となってしまいますので、シャワーの勢いは弱めにして、他にも洗面器の音、物が落ちる音などに注意しましょう

  • お湯の温度にも注意をしましょう。

猫は37℃くらいのぬるめの温度にして、人が入る時よりも低く設定してあげましょう。

いきなり熱いお湯に入れられたら猫もビックリしますし、熱すぎて、とても嫌な思い出が残ってしまいます。

基本、猫は日向ぼっこや、こたつなどの暖かいものが好きなので、お風呂は温かくて気持ちがいいと言う事を覚えさせれば、猫ちゃんはもうお風呂の虜!です。

さいごに

我が家の猫ちゃんは、先代猫も含め割とお風呂が好きな子が多かったです。

私が入浴をしていると「入れて〜」とドアの外で鳴くぐらいでした。

そして、浴室まできてお風呂の淵でくつろぐ事が日課になっていました。

他には、今いる三毛ちゃんは湯船の中で寝たりしていますし、茶トラちゃんは浴室でくつろがせていると、湯船に自ら入ってきます(笑)

いきなりシャンプーをするのはどうだろう?と思う方は、まずは入浴させずにお風呂場に慣らしてあげるのもいいかもしれませんね。

我が家の猫ちゃんは、湯気のたった浴室内の湿度と温度が好きなのか、気持ち良さそうにしていますよ。

どんなに気を使ってあげても、お風呂が好きになるように対策をしても、猫にも個性があり、みんながみんなお風呂好きになる訳ではありません。

特に、猫にとってのストレスは最悪命を落としてしまうくらい危険なものになりますので、細心の注意を払いましょう。

どうしても慣れない子は必要以上にシャンプーをせず、どうしてもシャンプーをしなければいけない場合は早めに切り上げるか、動物病院でトリミングをお願いし、麻酔を使った上でのシャンプーをしてもらうようにしましょう。